日本の稲作を守る会とは

 当会は、平成5年の米騒動を契機として、平成6年に結成された自前の食糧管理組織です。深刻な冷害で300万トン前後の不足が見込まれたにもかかわらず、青刈りを強いられ、くやしい思いをした生産者が中心となって結成いたしました。

 環境に負荷をかけない無農薬栽培や有機栽培にチャレンジする生産者をはげまし、あわせて会員消費者は、安心して安全なお米を手にすることができる組織として、事前予約制を採用しました。会員消費者には個人や小売店・生協などが加わり、事前予約で作付計画を立て、安心して新しい技術開発に取り組めるしくみです。

会員農家は、NPO法人民間稲作研究所の開発した環境創造型の有機稲作を導入し、技術に磨きをかけてきました。結成10年にして、もっとも安全で環境再生能力をもった有機稲作栽培法として、いまやその技術は全国に知られるようになりました。

 韓国や中国からも視察者や研修生が訪れ、東アジアにも生産者のネットワークが広がってきました。文字どおり「日本の稲作を守る」ことを通じて、アジアの稲作を守る団体に成長してきたと自負しております。



●日本の稲作を守る会の目的●

安全でおいしい有機栽培米や無農薬栽培の生産を援助し、自給を維持する。
永続的な農業経営と、農村の自然環境を守る。
そのために、生産者、消費者、研究者が体となって活動し、努力する。


●システム●

NPO法人民間稲作研究所の会員農家に、お米の頒布希望数に応じた研究援助金を拠出し、
会員が生産したお米を、無料で頒布される。
単なる生産販売ではなく、日本の稲作技術を発展させるための市民組織。
シンポジウム、試食会、手作りみその会などで、交流・意見交換を行う。