有機農産物の国内格付け比率、10%を切る

国内で格付けされる有機農産物が、ついに10%を切ってしまいました。
厳しい表示規制だけで何の支援策もなく、食の安全と環境を守ろうという良心的な農家の皆さんの努力だけでは、
どうにもならない現実になってしまいました。

有機農産物の国内格付けの推移(単位 t)

国内で生産できる農産物に限っても、22.2%の国内格付け比率です。
もっとも安全で、環境再生機能の高い有機栽培が伸び悩んでいる姿を、みなさんどう思いますか?


日本の稲作を守る会は、苦境に立つ有機栽培農家を支えていこうという目的で、平成6年に発足しました。
ぜひ、みなさんのご支援をお願いします。